ホーム>いと家のコンセプト

いと家のコンセプト

店主からのメッセージ

店主 伊藤祐紀

南青山いと家は、スタッフが自然と助け会えるようなお店です。

レストランの運営はチームワークがとても大事だと思ってます。
キッチンスタッフが出来立ての美味しい料理を作って、
冷たいものは冷たいうちに!温かいものは温かいうちに!
ホールスタッフがお客様のところへ和やかな笑顔でお届けする。
こうしたスタッフの連携の積み重ねで、お客様に心地よい和みの
食空間を演出できると思っております。

南青山いと家では、若い方たちにもお店の主軸となって、
活躍してもらいたい!という思いがあります。
和食の世界はまだまだ封鎖的で、

厳しそう・・・。何も教えてくれなさそう・・・。

そんなイメージがまだまだ根強く残っています。

また、近年の和食の厨房では、合理化が進みすぎて、
自前の厨房で料理を作らず、業者から既製品を仕入れて、
それを盛り変えるお店がとても多いことにも疑問を感じています。
果たして、それが料理人の仕事なのか?と・・・。

そうは言っても、伝統的な手法を守りすぎて、若いスタッフが
不眠不休で、目にくまをつくりながら、怖い先輩たちに怯えて
仕事をしてるようなお店も多い・・・。
そんな環境に耐えるのが料理人の修行なのか?・・・。

それに対して、出した答えが南青山いと家にはありますので、
このページを見ていただいた方と是非、一度お会いして、
お互いの夢の話を出来たらと思っております。

各種保険の完備 スタッフの福利厚生のために
来季、法人化を目指します。

 

和食の創作

日本料理の技法を基本としながらも、各国の新しい調理法を取り入れた新しい和食を創造します。
いと家では、伝統にとらわれずお客様のニーズや嗜好に合わせて、ひとつのお皿を構築していきます。ただ美味しいだけではレストランの料理としては不完全で
作業性や原価率なども考えていかないといけません。そういったことは「見て習う」ではなく「みんなで共有する」ことは大切だと考えております。

また、「選ばれるお店創り」という意味ではサービスも非常に重要だと考えております。常に笑顔で迅速にお客様のご要望に応えるからこそ、またご来店していただけると思っております。

和食-お造り
和食ーステーキ
デザート

 

応募する